絶対に外さない、一生つけられる結婚指輪の選び方!

絶対に失敗しない結婚指輪のフォルムの選び方!

アクセサリーの中で女性にとって最大のステータスとなる結婚指輪。そして、一生に一度の世界にたったひとつしか存在しない結婚指輪。女性のみなさんならば真剣に選ぶものですよね。一生つけるものだからこそこだわりたい、シンプルが良い、と様々考えが浮かぶに違いありません。まず結婚指輪は指輪のフォルムからです。一生つけたいのであれば、一番シンプルなプラチナのつるんとしたフォルムをお選びすることを強くおすすめします。オウトツがあるものや、溝があるものは意外と女性ならではの「習慣」で付けづらい場面に多数遭遇するからです。

なぜシンプルなプラチナの結婚指輪なの?

女性だとやはりダイアモンドがあしらってある結婚指輪や、少し湾曲しているデザイン性のある結婚指輪に目が行きがちなのではないでしょうか。可愛いものが大好きな女性が女の子に戻れる瞬間ですよね。でも、冷静に考えてください。一生指にはめ続ける指輪は、いずれ生まれてくる肌の弱い赤ちゃんを抱っこしたり、毎日追われる家事をこなす場面でも着用しているものなのです。そして第一に、女性特有の「習慣」の影響で結果としてプレーンのプラチナリングがおすすめなのです。その「習慣」というのは、お化粧とハンドクリームをつけることなのです!オウトツがあったり、ダイヤモンドが一粒でもついていると、隙間に化粧下地やハンドクリームが付着してしまいます。これは指輪自体の劣化だけでなく、ダイアモンドがあしらってある場合、ダイアモンドを劣化やメンテナンス費用の増加にもつながってしまうのです。

女性ならではの習慣と赤ちゃんのためのプレーンリング

女性なら当たり前のように毎日行うお化粧や意外と気にも留めなかったハンドクリームとつけるという習慣が、結婚指輪の劣化やメンテナンス費用の増加につながるなんて浮かれている時には想像もしませんよね。そして、一番に気を使いたいのが、いずれ生まれてくる小さな命の存在です。生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚は自分が想像する以上に弱く、敏感です。もし、デザイン性だけで選んだ指輪で、大切なわが子の顔に傷をつけてしまったら?可愛いだけで選んだダイヤモンドで皮膚を傷つけてしまったら、大変です。結婚指輪ン選び方も、女性の人生の道を選ぶ大切な分かれ道なのかも知れませんね!

結婚指輪とは結婚をしていることを示す指輪のことです。左手または右手の薬指に着用し夫婦で愛の証を共有するものです。